遊戯王 レギュレーション改定 ver2017/01/01(禁止、制限)

制限改定の情報来たっぽいですね。

リストを見つつ感想書いていきます。


禁止 1枚

・マジェスペクター・ユニコーン


・マジェスペクターユニコーン (制限→禁止)

制限になったところで、といったカードだったので妥当だと思います。
まず破壊できないし、除去しようにも自信の効果で逃げられる。
手札に戻ったところを除去するくらいしかできなくなるのであった・・・

比較的サーチしやすいカードで、Pであることから除去しづらい比較的壊れの分類に入るカードですね。



制限 11枚。内緩和6枚(全エラッタ)


・レスキューキャット (エラッタ)
・SRベイゴマックス
・ゴヨウ・ガーディアン (エラッタ)
・氷結界の龍 ブリューナク (エラッタ)
・氷結界の虎王ドゥローレン
・餅カエル

・洗脳-ブレインコントロール (エラッタ)
・未来融合-フューチャー・フュージョン (エラッタ)
・炎舞-「天キ」
・ユニオン格納庫

・王宮の勅命(エラッタ)




・レスキューキャット(エラッタ) (禁止→制限)

エラッタ前

自分フィールド上に表側表示で存在するこのカードを墓地に送る事で、デッキからレベル3以下の獣族モンスター2体をフィールド上に特殊召喚する。
この方法で特殊召喚されたモンスターはエンドフェイズ時に破壊される。


エラッタ後

「レスキューキャット」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
デッキからレベル3以下の獣族モンスター2体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズに破壊される。



「ターン1、リクルートしたモンスターの効果が無効」になるようになった。
正直まるでエラッタされた感がないw
DDB時代は獣にそこまで強いとされるモンスターがいませんでしたが・・・いまだと・・・なんかあるっけ(汗
もう少し規制が来るかなーと思ってましたが、大体想定内のエラッタです。
というか・・・これは・・・大丈夫なのか?(汗



・SRベイゴマックス (無制限→制限)

手札がこの1枚から展開できるカード。
その展開力はモンキボードと互角であり様々なデッキに出張要因として入れられるほど。
禁止見でしたが制限で留まる様子。
だいぶ弱体化しますね


・氷結界の龍 ブリューナク(エラッタ) (禁止→制限)

エラッタ前

手札を任意の枚数墓地へ捨て、捨てた数だけフィールド上のカードを選択して発動できる。
選択したカードを持ち主の手札に戻す。


エラッタ後


「氷結界の龍 ブリューナク」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札を任意の枚数墓地へ捨て、捨てる数だけ相手フィールドのカードを対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。


「同名ターン1指定、相手場のカード」が追加。
ここ1年程前から「同名ターン1指定」をすれば返せるのではないか、と言われてましたが、追加で相手場だけになりました。
相手場指定がない場合、「チキンレース」や「天キ」等永続系を戻して再利用できることを考えると、いいエラッタだと思われ



・ゴヨウガーディアン(エラッタ) (禁止→制限)


エラッタ前

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、そのモンスターを自分フィールド上に表側守備表示で特殊召喚できる。


エラッタ後


地属性チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。



「チューナーに地属性指定」がついた。
☆6では考えられないほどの高ステータスであり、攻撃力を下げてエラッタされると踏んでいたが、
地属性チューナー指定だけにとどまった模様。
地属性としてはナチュルに目が行き、またバルブからの展開もできるなど、でそこまで弱体化していないようにも思える。
ジュッテナイト指定でもよかったんやで・・・?



・氷結界の虎王ドゥローレン (準制限→制限)

ドゥローレンループとして悪さをしてきたカード。
長年準制限で留まっていたがついに制限指定された。
環境でよく使われる、と言う訳でもないが、
ブリューナクが返ってくることや、十二獣のループの手助けなどが要因だと思われる。

たまに利用させてもらっていたので少し残念感もありますが、ループはやはり・・・(ループ使いながら)



・餅カエル (無制限→制限)

待望のガエル(カエル)強化だったが、どうしてこうなった感が否めないカード。
カエル強化を待ち望んでいた1人としては「無効効果要らなかったよね」と。
無効効果には同名指定や素材の必要性がないため、ヒーローにまで使われる始末。
コンマイはプトレノヴァインフィをもう少し頭に入れておいてほしい



・洗脳-ブレインコントロール (エラッタ) (禁止→制限)

エラッタ前

800ライフポイントを払って発動できる。
相手フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し、エンドフェイズ時までコントロールを得る。


エラッタ後


(1):800LPを払い、相手フィールドの通常召喚可能な表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その表側表示モンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。



対象が「通常召喚可能なモンスター」に変更。
通常召喚可能なモンスターなので、
「特殊召喚モンスター」や、EXTのモンスターのコントロールを得ることはできない。
サイドラなど通常召喚が可能なモンスターならコントロールを得られる。

精神操作との比較は、
あちらは裏表を指定せず、ライフコストも無く、対象をとれればモンスターに指定がないが攻撃、リリースできない
こちらは表側のみで、ライフコストがあり、通常召喚可能で、攻撃やリリースも可能。

精神操作に若干歩があるか・・・



・未来融合-フューチャー・フュージョン (エラッタ) (禁止→制限)

エラッタ前

自分のエクストラデッキの融合モンスター1体をお互いに確認し、決められた融合素材モンスターを自分のデッキから墓地へ送る。
発動後2回目の自分のスタンバイフェイズ時に、確認した融合モンスター1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。
このカードがフィールド上から離れた時、そのモンスターを破壊する。
そのモンスターが破壊された時このカードを破壊する。

エラッタ後


(1):このカードの発動後1回目の自分スタンバイフェイズに発動する。
自分のエクストラデッキの融合モンスター1体をお互いに確認し、そのモンスターによって決められた融合素材モンスターを自分のデッキから墓地へ送る。
(2):このカードの発動後2回目の自分スタンバイフェイズに発動する。
このカードの(1)の効果で確認したモンスターと同名の融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。そのモンスターが破壊された時にこのカードは破壊される。



効果処理が発動後「次の自分のスタンバイフェイズ時」に変更。
次の自分のスタンバイである為、経過状況を見て素材を墓地へ送れる半面、
1ターン経過しないといけないため、それまでに割られるとただ魔法を発動しただけになる。
ドローフェイズを経過するのでそこで素材を引いてしまう危険性などもあり割と使いづらいカードになってしまった感はあるが、
それでもデッキから無条件で融合素材を墓地へ送れるのは大きい。



・炎舞-「天キ」(環境依存文字の為カタカナを使用)  (禁止→制限)

こちらはやはり十二獣との兼ね合いと判断。
サーチカードなので発売時に制限入りするのではと言われていたが放置。
準制限を経験するも解除された。
十二獣が環境に出てきてそこまで経過していないのに規制をかけていることから、
コンマイは十二獣を軽視していたものと思われる。

天キだけでは止まらないと思うので今後の環境に注目。



・ユニオン格納庫 (無制限→制限)

ユニオン強化用のカード。
待望のユニオン強化だったが、ABCが環境をとったことで規制くると思っていました。案の定規制。
儀式強化しようと新規出した結果、サポートを規制する事になったネクロス時代の教訓をまるで生かそうとしないコンマイであった。

ぶっちゃけABCを止めたいなら融合体を制限かければいい話である。
墓地から除外して合体できる時点で規制が必要だと分かりそう・・・



・王宮の勅命 (エラッタ) (禁止→制限)

エラッタ前

このカードがフィールド上に存在する限り、フィールド上の魔法カードの効果を無効にする。
このカードのコントローラーは自分のスタンバイフェイズ毎に700ライフポイントを払う。
または、700ライフポイント払わずにこのカードを破壊する。

エラッタ後

このカードのコントローラーはお互いのスタンバイフェイズ毎に700LPを払う。700LP払えない場合このカードを破壊する。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、フィールドの全ての魔法カードの効果は無効化される。



「維持コストが強制」となり、自壊できなくなった。
ターン1や、コストが増える、自分のスタンバイに発動など予想は色々されていたカード。
「自壊できない」は予想してないし、自分としては勅命が緩和されるのは想定外。

自壊できないため、魔法を全く使わないデッキか、魔法以外で割って動くようにしたい。
ゴルガーやドゥローレン等を使えば相手だけ抑止することも可能。



多くなりそうなので分割します

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック